toggle
女性特有のお悩みに手のぬくもりと植物&発酵のちからでお応えします
2021-02-03

「頭で考えるんじゃなくて子宮で考えるんだよ、女は」

水曜日コラムは
【知っておきたい、オンナの大切なこと】をお届け。

デリケートゾーンなどのカラダのことや心の深いところに潜んでいる女性性のことなど。気にはなっているけれど人とは話題にしにくい、だけどめちゃくちゃ大切で向き合っていく必要のあることを、みなさんとシェアしていきたいと思っています。

映画「うまれる」は全ての女性が立ち止まって自分を見つめる時間を、そっと提供してくれている

豪田トモ監督のドキュメンタリー映画「うまれる」を観ました。

公式HPよりお借りしました。
https://www.umareru.jp/umareru/

4組のご夫婦を通して、

「妊娠・出産・育児、流産・死産、不妊、障害、
「子供が親を選ぶ」という胎内記憶など


『うまれる』ということを幅広く捉える事で、
親子関係やパートナーシップ、男性の役割、
そして『生きる』という事を考える・感じる」

そんなテーマで表現されたこの映画は、

始終温かくほわんとした空気に包まれていて、
とっても居心地が良くって。
ずっと最後まで安心感を感じることができました。

直面し帰路に立つ人々の苦悩や悲しみ、不安や揺れを
大きくふんわりと包み込んでいる眼差しがあるからこそだと感じました。

おんなは子宮で考える生きもの

私がドキリと印象に残ったのはね。

出産のシーンで助産師さんが妊婦さんにかけた言葉たち。
そのものではないけれどこんな感じ、をちょこっとご紹介♪

お産が進み、あと少しで生まれようとしている時に、
助産師の仕事をしていた妊婦さんへ


「今まで頭に詰め込んできた知識とかは全部取っ払って。
頭で考えるんじゃなくて子宮で考えるんだよ、女は」

痛い~!!と叫んでいると、


「痛い痛いって言ってる時は逃げてるんだよ。
向き合わなきゃ。人生も一緒、そういう時が来るよ」

私たちが生きていくうえでめちゃくちゃ大切なメッセージが、
さらりと投げ込まれていました。

そして
長年の不妊治療で揺れていた女性の姿からは、

女性というのは、
子どもを産んでも産まなくても、
様々なものを生み出し、後世に伝えてく、クリエイティヴな性(さが)なんだな
、と。

自分がオンナであることに、
これほど誇らしく満たされた瞬間って久しくなかったかも・・
なんて思ったり。

そしてそして、

人が、生まれて生きていくというのは、


たくさんの他人のまなざしや差しのべられた手によって可能なんだな


ということ。
さまざまなエネルギーの調和があるからこそ、
わたしたちは生きていけるのですね。

公開から10年。映画「うまれる」はDVD化もされており、「地域を超える!人がつながる!」をコンセプトに自主映画会という形でも日本各地で自主上映されています。

みなさんの近くでも上映される予定があるかもしれません。
興味を持たれたかたは、HPの上映会をチェックしてみてくださいね。

きっとあなたの魂のどこかの部分が、
ふるふると共鳴すると思いますよ。

こちらは
Amana Lotus公式 無料メルマガ
【大人女性が心とカラダを解き放つためのヒント】からの抜粋です。

月曜日は「子育てから観た風景」
水曜日は「知っておきたいオンナの大切なこと」
土曜日は「食にまつわるエトセトラ」

女性が幸せに生きやすくなる、エッセイふう読みもの、気をつけていきたい体のこと、自愛のことなどを絶賛お送りしています。
あなたのおんな力を開花させるレシピが満載です。

読者登録は下記のリンクかQRコードからどうぞ!

【無料メルマガのご登録】
関連記事