toggle
妊娠から更年期の不調まで女性特有のお悩みに植物と発酵のちからでお応えします
2021-04-27

マトリカリアとわたしのお風呂の入り方。

こんにちは!
おんな力開花セラピスト 中井みどりです。

1年前から取りかかり、
ようやくオリジナルバスソルトが出来上がりました。
これから販売日までの数回にわけて、
その魅力をお伝えしています。
水質を変えるビオバスソルト「マトリカリア」。
今までのお風呂の常識も変わる、目からウロコなレポートです。

* =========== *

【REPORT】

活性処理をした塩は
「水の組成を変え、油脂が馴染みやすくなる」
「有益な菌とのバランスをとる」
と研究者のお話を伺い、
作ったオリジナルバスソルト・マトリカリア。

今回は
わたしのお風呂の入り方。についてのお話です。

お風呂に入るってどんなイメージでしょうか?
・まず浸かって温まる
・体を石けんで洗い
・髪をシャンプーで洗い
・最後に浸かって体を温めて出るこんな感じですよね。

わたしも一年前まではそうでした。

でもマトリカリアを入れたお風呂に入るようになって、
今まで常識だと思っていたお風呂の過ごし方が変わりました。

まず石けんで体を洗う回数が減ったこと。

皮脂となじみやすい水質は、

お湯に5〜10分浸かると
少し皮膚が柔らかくなって
余分な皮脂や汚れが剥がれやすくなってきます。
そこで体の皮膚を優しく撫で洗いするんです。

足指やくるぶしなんてね。
シャワーを浴びるだけの時だと、さらっと触るだけだけれど。
こんな時に指で優しく擦ってあげると、
不必要なものが無理なく取れて浮かんできます。
意外に汚れがたまっていたのねって驚くほど。


皮脂汚れ、さらには老化角質除去がお湯の中でできてしまうので、
タオルと石けんで頻繁に洗うことがなくなりました。

私はこの一年で
首とお腹にあるシミボクロが
いつの間にか随分薄くなって、数も減ってきましたよ。
足の爪も、
生え際の汚れを軽く取るようにしていたら、
白っぽくなりがちだった親指の爪がツヤツヤになってきました。

日々湯船に浸かるだけで、
自然と身体を清潔で健やかに保ってくれている

そう実感すると、

浸かるだけの入浴を気軽に取り入れやすくなります。
だから無理なく習慣にできますよ。

15分も浸かっていたら、
ミネラルのチカラで、もう十分身体は温まっています。

さあ出ましょう。

あ、
その前にやっていただきたいことがあります!

洗面器でバスタブのお湯を
壁やドア、床に流すこと。

決して水道水から引いたシャワーで流さないで!

これをしておくだけで

お風呂掃除が格段に楽になります。

だから絶対に忘れないで〜!

その理由は次回。

中井みどり

【無料メルマガのご登録】
関連記事