toggle
女性特有のお悩みに手のぬくもりと植物&発酵のちからでお応えします
2021-06-23

久しぶりに飲んだ処方漢方薬が、なかなか良かったのです

こんにちは!

これから本格的な梅雨シーズン。

体調が優れない・・という方も多いかもしれません。

いかがお過ごしでしょうか。

私は

実家の母が骨折手術入院からの退院と、

急に立て込む時期を過ごして少し落ち着いたら、

すごく体調が悪くなり。

バタバタとする中で、いつも飲んでいる最近のお気に入りサプリ(ウコンとオルニチンのね)を実家に忘れ。

気力も落ちてしまって何もやる気がなくなってしまったので、

何の補助も手当てもなく過ごしていたら、

もう。。しんどくて、しんどくて・💦

近くの内科クリニックを探して受診しましたよ。

血圧を測ったら、びっくりするくらい高くて。

こんな数字今まで体験したことないわ・・と、おののきました・・。

血液検査を受け、

漢方を処方してもらい、

血圧手帳をもらって帰ってきました。

なんだか初体験のことばかりでした。

思えば、

日々のケア、プラクティスや健康チェックなどは

時々クリニックも受診して「健康ルーティン」みたいなものができていたのですが、

度重なる引越しやらで環境が変わって、途絶えたまま5年が過ぎてしまっていました。

一度途絶えたルーティンを再開するというのは

新しい環境なわけですから、いつも以上にエネルギーを要するので億劫になりがちです。

でも

5年という流れの中で起こる「自分自身の変化(老化)」は

自分がイメージしていた以上に早いように感じています。

40代後半から感じ始めていたけれど

50代は特に、ね。

見た目が若い・・と言われて、

浮き足立っている場合ではありません・笑!

年齢相応に体は老化している

という事実をしっかりと受け止めましょう。傲慢はいけません!!

処方してもらった漢方が合ったのでしょうか、

少し気分が前向きになり、体も楽なので

正常な考えができるようになってきました・笑。

そんな時に届いた梅たち。

梅仕事できる気力も戻ってよかったです。

体調や気分の落ち込みはあって当たり前。

いつも良い状態はありえない人間の心と体。

それを丁寧にジャッジせずに認めて必要な手立てをしてあげる。

ジェットコースターみたいな高低差は、

なるべく少なくしていくことも意識したいですね。

自愛ある暮らし。大切です。

ちなみに

今回処方された漢方の一つは

柴胡加竜骨牡蠣湯

さいこかりゅうこつぼれいとう

心が不安定になっている時に処方されるようですよ。

以上 Amana Lotusからの

”自分を愛し、自然と調和した暮らしのレシピ”でした。

タイムリーにレシピを受け取りたい方は、

無料メルマガにご登録くださいね

【無料メルマガのご登録】
関連記事