toggle
手のぬくもりと植物&発酵の力は黄金パワー
2018-06-14

新月と満月の引力は凄い!

満月や新月の時の大潮の様子は、
都会に住んでいる日常ではなかなか目にすることはないのですが、
↓こんな景色を目の当たりにすると

月の引力が私たち人間にもいろんな影響を及ぼしていてもおかしくないなと強く感じます。
産院でも生まれる赤ちゃんが多いと聞いていますしね。

以前住んでいた九州のとある場所からの満月の日の河風景リポートです。

2014年6/13 13:11満月の日の風景。

有明海に続く川が、毎月分かりやすく私たちに見せてくれる景色です。

朝の9:30
ほぼ満タンに押し寄せた水は少しづつもう引き潮が始まっているみたい。
溢れそうな勢いです。

KC421062.jpg

半日経った、15:30
わずか6時間後にはこの風景です。完全に引ききっています。

KC421063.jpg

こんな風に定点観察してみると、
満月と新月の日には干満の差がとにかく大きいことが一目瞭然です。

大潮という現象です。

地球に生きる私たち人間のカラダも60~70%が水分なのですから、
どこかしらでこんな風に引力の影響を受けているのでしょう。

カラダに必要以上の水分が溜まったり、
はたまた、
急激な吸引力のリズムに追いつかなかったり。

そんな水分代謝の困った状態がある時って、
「なんだかだるいなぁ」、「しんどいなぁ~」と感じることもあるかもしれませんね。
これだけの干満差なのですから。

逆に考えれば、この大きな動きに乗っかれば楽に過ごせることもありそうです。
たとえば、
体に水分がたまりやすい(むくみやすくなっている)状態でも、
意識して汗を流して排泄を促せば、いつもよりは楽に汗が出やすい状態だということ。

私は動作が緩慢になってだるくて眠くてしょうがない新月や満月の時には、
お風呂にも入らず速攻床に就きます!
重力に逆らうことをやめます!!

こんなふうに気楽に考えて、満月・新月にできそうなことをまずやってみる。

お月様の節目に自分の体を観察していると、案外いろんなことに気づけます。
自分の体と自然と向き合えるタイミング。
いい解決方法に気づけたりしますよ。

関連記事