toggle
女性特有のお悩みに手のぬくもりと植物&発酵のちからでお応えします
2021-04-24

私とマトリカリア-バスソルト誕生の裏側

こんにちは!
おんな力開花セラピスト 中井みどりです。

1年前から取りかかり、
ようやくオリジナルバスソルトが出来上がりました。
これから販売日までの数回にわけて、
その魅力をお伝えしたいと思います。

* =========== *

【ESSAY】

今から1年半くらい前でしょうか。
水と菌の研究をされている方のお宅で
入らせていただいたお風呂のお湯にビックリ!
衝撃を受けました!!

掛け湯する時の肌にあたる柔らかさ。
湯船に沈んだ時のなんとも言えない安心感。

お伺いしてみたところ、
この体感の秘密はお湯の質にありました。
浄水した水に活性処理をした塩を入れているとのこと。

こんなお風呂に
おうちで
いつも入れたらいいのになぁ・・

そうだ
バスソルトならそれができるかも。

そんな自分自身の”心地よさ”を求めて
オリジナルバスソルトを作ってみることになったのです。

それにしても
お湯に浸かった時の
あの安心感は一体なんだったのでしょうか。

活性処理をした塩は
水の分子構造を変え、
”命を育むことのできる水”に変えるそうです。

そこに住む様々な命たちが
争うことなく共存できる世界。

私たち女性の体で例えるなら
「子宮」「羊水」

マトリカリア-Matricariaとは
子宮を意味するラテン語。

ここからのイメージで
バスソルトに名付けました。

私たちが
お母さんのお腹の中で浮かんでいた頃の、
全てのものから守られ、
何があっても育まれていた
絶対的な安心感。

お宅でお湯に浸かった時に体感した安心感は
お母さんのお腹の心地よさを思い出したから、
なのかもしれません。

だからでしょうか。

心がざわざわしたら、
真っ先にマトリカリアを入れたお風呂に
浸かりたくなります。


体を丸めてじっとそのまま、
赤ちゃんみたいに浸かっているだけ。
10、15分経つ頃には
随分と穏やかになっていることに気づけています。

トゲトゲした攻撃的なエネルギーが、
平和の波の形をしたお湯に馴染んで、
リセットされたかのようです。

私にとってのバスタイムは
心のリハビリでもあるな、と思っています。

こんなメンタルヘルスの他にも、
身体にも嬉しい働きをしてくれるんですよ。

それは次回に。

中井みどり

関連記事