toggle
毎日がぜ〜んぶ新しい1日!AmanaLotus(アマナロータス)は女性のココロとカラダのクレンジングをサポートします
2018-11-13

”自分のためにおむすびをにぎる!”|おむすびピクニックWSに参加してきました

ポカポカ陽気小春日和の土曜日。
創作料理家×写真家による、
おむすびピクニックというワークショップに行ってきました。

『おむすびのにぎりかた』(ミシマ社)
文:宮本しばに
写真:野口さとこ

創作料理家 宮本しばにさんと共に
全国各地訪ねた写真家 野口さとこさんによる
様々な人々が握ったおむすびたちの写真展との、コラボ企画です。

宮本しばにさんさんが羽釜で炊いて下さった炊きたてごはんでおむすびをにぎって、
近くの公園でピクニック♪という楽しいイベントです。

「今日は自分のためにおむすびをにぎりましょう」

ずっしりとした分厚い木の蓋が乗っかった羽釜でご飯を炊きながら、
火加減を愛情深く見守りながら、
しばにさんは、つとつととお話しくださいました。

道具にも心があること。
丁寧に日々の中で扱うことで、自分自身の生き方も変化していくということ。
その舞台が台所だということ。
人生はうまくいかないことや「なんで?」って思うことの連続だけれど、
心を込めて食べることをしながら、自分の内面と向き合いながら
丁寧に生き続けていかなきゃね、と。

普遍的なメッセージに、空気は一気にほぐれていきました。

「今日はね、自分のためにおむすびを握りましょうよ。なかなか、しないでしょ?」
しばにさんの掛け声のもと、参加者の皆さんがワクワクし始めた頃、

炊き上がりましたよ〜。
宮崎産のお米、ピッカピカです。

まだかなぁ〜・・と待っていたチャーリーも、嬉しそう。

みんなの歓声とふんわり湯気!!

竹の皮の準備も出来てます。

西陣の老舗店のだし巻き卵もスタンバッてます。

さあさ、熱々のご飯でおむすび握りましょう!!

その間に、しばにさんはみんなの海苔を焼いてくれています。

みんなそれぞれに表情が違って面白いね〜〜と言いながら、みんなで握りました。

私のは、これ。

羽釜のご飯はすっかり空っぽになりました。

ポカポカ陽気の小春日和、ピクニック日和。
真ん中に集まった、みんなのお弁当。すごい迫力ですね。

歩いて5分ほどの梅小路公園の原っぱでにみんなでシートを敷いて、
お弁当の包みをほどきました。
なんだかワクワクする瞬間です。

焼いたパリパリの海苔も最高!
あ〜、なんて幸せな時間なんでしょう。

自分のために心を込めて作る。

日頃はバタバタとしていて出来なかったりすることが、
本当は一番心と体が求めていることなんだな・・

上手に作らなきゃ・・とか、そんなこと一切考えなくっていい、自分のためのおむすび握りは、
簡単にできる究極の自分の癒し時間、なんですね。

あなたも握ってみませんか。

Heal yourself!!

今回お世話になったのは、京都のgallelyおとなり さん。
記念すべき一回めのイベントでした。

昔ながらの町家でほっこりと和む空間ですよ。

Heal yourself ♡

 

 

 

関連記事