toggle
毎日がぜ〜んぶ新しい1日!AmanaLotus(アマナロータス)は女性のココロとカラダのクレンジングをサポートします
2019-10-22

「美人」のヒミツ

もうね、子どもの頃から顔面コンプレックスが強かったんですよ。大人になっても、妻になっても、母になっても、ずっと変わらず手放せず。ずっと心の何処かに魚の小骨が喉に引っかかっているみたいにチクチクしていました。

女性のココロとカラダのクレンジングをサポートする
ほとめきサロン♡AmanaLotus(アマナロータス)、
BIO-STEAM、チネイザン&アロマセラピストの中井みどりです。
プロフィールはこちら

小さい頃から、「あんたは色が黒いからピンクとかは似合えへん」。妹が着ている色がきれいでねだる私に、母が言った言葉は私の心をクシュンとさせました。

たまにやってくる親戚のおっちゃんは、会うたびに「どんどんベッピンさんになっていくなぁ」と妹に向かって話しかけました。

どんどん自分の顔を卑下していったし、自信ももちろん持てません。これはきっと顔だけではなく自分そのものに対していたのだと思います。

だからね、自分が写った写真を見るのがあまり好きではなくて。写り具合をチェックしては、あ〜あ・・がっかり、の繰り返しでした。スポーツも勉強も、不完全燃焼で何一つ自信につながるものはありません。残るのは自己否定ばかりでした。

どれだけ長いトンネルの中にいたことでしょう。それが徐々に徐々に、本当にゆっくりと氷が溶けていくように変化し始めました。

なぜか?

それは、自分の中でず〜〜っと蓄積されてきた「勝手な思い込み」に気づけたから。そして、その「思い込み」を手放し始めたから・・なんです。

子どもの頃から、自分を取り巻く環境や人々との関係で「評価されなかった自分がダメなんだ」と、自己否定し続けていました。今の自分は評価されないのなら、どう変われば認めてもらえるのか?という視点で行ってきた様々な努力は、エネルギーを使う割に報われることは少なかったように感じます。

だって本来の自分は否定されたままですものね。

人生の折り返し地点を過ぎて、50歳くらいになった時。

随分体力が衰えて、1日にできることや集中できる時間が減ってきたことや残りの人生の時間に限りがあることにふと気付きました。

「きゃ〜〜!!無駄な所にエネルギーを使っている場合じゃない!」と気づいたら、

本当に自分がしたいことに早く気づいて実行しないと、時間が足りなくなる!!

という危機感が湧いてきました。

自分の本来の仕事は本来の自分がおこなうんだよな。いろんなものを被っている今までの自分は何だかんだ心地よくないってことに気づき始めているよな。じゃあ、被っているものをどんどん取り外していけば、クリアな自分が現れてくるよね。

そんなことを感じ始めると、カラダが心地よくなる方法(暮らし)を色々実践し始めました。菌活もそのひとつ。体が余分なものを解放して、本当に必要なものを取り込んでいくということは、エネルギーを無駄に使うことなく疲れずにサクサクと動き、満足のいく結果が出て、幸せに満ち溢れるココロももたらされるんですね。今の課題パートナーシップにも、向き合うべきタイミングで恐れることなく自分を卑下することなく、心軽く向き合うことができ始めています。

すると、どうでしょう。

近頃、「きれいですね」という言霊が私に向かってくるのです。(菌のチカラも大きいと思います)

自分には無関係だと思っていた表現の言葉を、何度もかけていただくうちに、「ありがとうございます」と素直に受け取っている自分に気付きました。

そして自分のこの穏やかな心は、周りの女性の美しさをすぐにキャッチしてしまうようになってきました。

うわ〜、きれい!あ〜、なんて美しいんだろう・・と、

目にした女性の顔を見るたびに心から感じるのです。もう至福の時です!

みんな美人なんやん。

気づけていないのは自分やん。

美人は「思い込みに気づき、手放していく」と浮かび上がってきます・笑

女性は皆、本当に美しい♡

今、私はあれだけ嫌だった写真の自分を、なんの滞りもなくスルーして見ることができています。そこにはなんのこだわりもなくなったのですね。

美人に目覚めた私は、本来の仕事を始めますよ〜・笑

さあ、あなたは?

施術の予約できる日はこちらからチェック

ご希望メニューの「予約する」をクリックすると、
カレンダーをご覧いただけます。

関連記事